金融の総量規制が闇金業者による新たな借金地獄を生む!

金融の総量規制とはいったいなんでしょうか?

 

総量規制が施行されたことにより、金融界での貸し付けや、借金を取り巻く環境はどのように変化したでしょうか?

 

それらについてみていきましょう。

 

 

総量規制(そうりょうきせい)とは、

 

銀行・消費者金融などから、多額の借金をすることで、金利(利息)も返済できずに、破産してしまう個人が急増する事態を受けて、2006年に貸金業法が施行され、移行期間を経て2010年に施行された改正貸金業法によって儲けられた規制です。

総量規制,功罪,借金,地獄

 

 

総量規制では、「年収の3分の1以上の借り入れ総額を上回る借入はできない」という規制がかけられ、収入によって借り入れできる金額が制限されるようになりました。

 

 

 

総量規制の趣旨

総量規制,功罪,借金,地獄

そもそも、総量規制とは、債務者を多重債務者から債務超過、そして債務破たんという借金による破たん・破産を回避する
、債務者を守るため規制でした。 

 

なので、「年収の3分の1以上の借り入れ総額を上回ってはいけない」という規制の3分の1という数字も借金した場合に金利も含めて現実的に返済可能な額を試算してできた基準であり、本来債務者保護の規制なのです。

 

総量規制がヤミ金を生む一因に

総量規制,功罪,借金,地獄

総量規制の本来の精神からすれば、あらかじめ法律で現実的に返せる額の借り入れ範囲を規制してしまえば、債務超過で破たんする人をあらかじめ予防できると考えたようです。

 

しかし、現実にどのような事が起こったかというと、貸金業法の登録もせずに、違法にお金を法外な利息・高金利で貸し付ける闇金業者を誕生させたのです。

 

 

元々、ヤミ金というものは存在はしていたかもしれまっせんが、総量規制の功罪によって、年収の3分の1以上の借り入れ総額を上回る借入を必要とする人が闇金業者からの借り入れをするという事態になったのです。

 

机上の空論!?総量規制で債務超過と破産が回避できる?

総量規制,功罪,借金,地獄

結果を見れば、火を見るよりも明らかです。

 

総量規制は債務者を守るどころか、サラ金地獄よりひどい闇金地獄に債務者をおとしてしまっていたのです。

 

偉い人が机の上で考えたのでしょうか?現実にホントにお金に困っている人が総量規制があるから、年収の3分の1以上になるから借りない!なんてなるはずがないのです。

 

総量規制によって、結果として債務者をより過酷な闇金からの借り入れに追い込んで
しまったのです。

 

 

それでも闇金には借りるな!


総量規制,功罪,借金,地獄

 

総量規制という悪規制でお金を借りるところがなくなり、ついつい甘い文句で借金さ
せようとする闇金業者からの誘いに つい借り入れしようとしている方もいるかもしれまっせんが、決して闇金業者からは借り入れしてはいけません。

 

何故なら、闇金業者の目的は少し貸し付けたという弱みをネタに、あなたから周りを巻き込んで限界までお金を絞りとる事が目的だからです。

 

それが証拠に、お金を返せえとは言いますが、完済しろとは決して言いません。
 
何故なら、元金が無くなるとあなたからお金を搾り取れないからです。

 

もし、既に闇金に借りてしまっているなら、いくら利息を収めようがヤミ金での借金は永遠になくなりませんので、ヤミ金に強い弁護士・司法書士に何を置いてもすぐに相談してください。

 

 

 

総量規制,功罪,借金,地獄

 

 

 

 

→闇金に強い弁護士に無料相談でヤミ金の取り立を即日ストップする!TOPへ戻る